関西発「スポーツCAFE」

フォローする

「デフサッカー」励む関学大生、競技普及へ奮闘
健常者選手との連係に挑む

2017/6/17 6:30
保存
共有
印刷
その他

聴覚障害者がプレーする「デフサッカー」の日本代表、宮田夏実(19)が競技の普及を目指し奮闘している。普段は所属する関西学院大サッカー部でプレー。自身のレベルを上げて競技の伝道者となるべく、健常者選手との連係という難題に向き合う。

宮田は関学大では連係を磨きリーグ戦デビューを目指す

宮田は関学大では連係を磨きリーグ戦デビューを目指す

デフサッカーは審判が笛の代わりに旗で反則の発生などを知らせるが、ルールや人数は健常者のサッカーと変わらない。兵庫県伊丹市出身で、生まれつき耳の不自由な宮田が競技に出合ったのは小学1年の時。「耳が聞こえなくても皆とのつながりを感じられる」と5歳上の兄が入っていた大阪のチームに加わった。伊丹の公立中でサッカー部、啓明学院高(神戸市)では女子サッカー部で健常者とプレーした。

今は関西学生女子リーグ1部の関学大の部員として練習を積む。指示の声が聞こえない分、「ほかの人より視野を広く持たないといけない」と宮田。身ぶり手ぶりで意思疎通を図るが、連係がうまくいかないこともあり、リーグ戦出場はゼロ。「当たり負けしない体幹の強さには自信がある」だけに、足元の技術やコンビネーションを磨いてリーグ戦デビューを果たしたい。

高1で経験した聴覚障害者の国際大会「デフリンピック」で日本女子は7カ国中6位。今年7月の同大会は、選手が遠征費を賄えないなどの理由で日本が昨年のワールドカップを欠場したため、女子の派遣が見送られた。

4年後のデフリンピックで雪辱を期すが、そのためには全国で200人程度(うち女子は約50人)とみられる競技人口の拡大が必要。「デフサッカーと出合えて夢を持てた。競技を広められるリーダー役の選手になりたい」。強い自覚を胸に、今日も球を追う。

(常広文太)

関西発「スポーツCAFE」をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

サッカーコラム

障害者スポーツコラム

電子版トップスポーツトップ

関西発「スポーツCAFE」 一覧

フォローする
実証実験が行われる駒川商店街をC大阪の選手が訪れ、商店主や買い物客とふれあった(9月21日)

 J1のC大阪は本拠地のヤンマースタジアム長居(大阪市)でG大阪とのリーグ戦第27節が行われる9月28日、スポンサー企業などと連携して地元商店街の利用客増加に向けた実証実験を行う。車で来場する人に商店 …続き (9/27)

C大阪の育成チームと対戦するアジア選抜(青のユニホーム)

 サッカーJ1のC大阪がアジアでの活動域を広げている。Jリーグの掲げるアジア戦略と歩調を合わせ、2012年にタイのクラブと提携を結んだのが最初の一歩。さらにマレーシア、ベトナム、ミャンマーに交流を広げ …続き (9/8)

大迫貴史氏(後列右端)がGMを務めるFKアドリア選抜は準優勝

 堺市で3月中旬、12歳以下の8人制サッカーの国際大会「シン・エナジーカップ」が開かれた。企画したのは東欧の小国、モンテネグロのサッカークラブ「FKアドリア」。桃山学院大(大阪府和泉市)サッカー部の元 …続き (4/21)

ハイライト・スポーツ

[PR]