アジア最新ニュースの掲載を始めました

from Nikkei Asian Review

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

インド「米中2極」阻止に動く モディ外交 再始動

(1/2ページ)
2017/6/19 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 インドのモディ首相の外交が5月、半年のブランクを経て、再び始動した。歴訪先は西欧3カ国とロシア。内向きな政策を掲げる米国のトランプ大統領が登場し、世界の不確実性が強まるなか、「グローバル化」の逆行と、米国と中国による「新2極体制」の出現を阻止するための方途を探る旅だった。

 モディ氏の歴訪中、トランプ氏は「厳格すぎる」「他国が米国から資金的なメリットを得るための枠組みになっている」としてパリ協定か…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップアジアトップ

from Nikkei Asian Review 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ミャンマーからバングラデシュに逃れてきたロヒンギャ難民は50万人を超えた=ロイター

ロイター

ロヒンギャ難民が生む地政学的リスク [有料会員限定]

 バングラデシュ南東部のコックスバザールは、世界有数の長さを誇る砂浜の町だ。漁船が港に戻ると、子供たちがエビの殻むきに精を出し、観光客は砂浜でのどかな時を過ごす。
 9月28日、その砂浜に溺死した子供が…続き (10/16)

マレーシアの仮設市場はペナンの女性たちのバッグの販路になる(ペナン女性プロジェクト提供)

Penan Women Project

ボルネオ先住民の手編みバッグ、予期せぬヒット [有料会員限定]

 梱包用のプラスチック製テープで編まれたバッグは、大都市のファッションで明らかに必須のアイテムとはいえない。だが、マレーシアの首都クアラルンプールなどで、こうしたかごバッグが何千個も売れている。明るく…続き (10/9)

6月下旬、ニューデリーの大統領選挙キャンペーンで記者団に手を振るモディ首相(左)とシャーBJP総裁=AP

AP

「全国制覇」めざすインド与党、票田開拓へ荒技 [有料会員限定]

 政権奪還から3年余――。ナレンドラ・モディ首相率いるインドの中央与党インド人民党(BJP)が、野党や地域政党の強大な地盤である南部で票の掘り起こしに乗り出した。BJPは最大州の北部ウッタルプラデシュ…続き (10/2)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]