10/22 11:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 21,457.64 +9.12
日経平均先物(円)
大取,17/12月
21,450 -20

[PR]

豊島逸夫の金のつぶやき

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

いよいよFOMC、今回の勘所は

2017/6/14 12:10
共有
保存
印刷
その他

 今回の米連邦公開市場委員会(FOMC)で最も注目されるのは「ドット・チャート」すなわち、FOMC参加者の米政策金利予想分布図である。これまでに比べてどのような変化が見られるか。具体的に説明するため、前回前々回の元データを下に再掲した。2017年3月時点で短期金利の指標であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標は0.25%引き上げられ、0.75~1.00%のレンジになった。その中間値が0.875%になる。

 今回、市場に織り込まれているとおりに6月利上げ決定となれば、金利誘導目標レンジが1.00~1.25%となり、中間値は1.125%となる。

 そして注目点は今回6月時点での17年末の行の1.375%予測の人数だ。前回(3月時点)では9人だった。かなりのFOMC参加者は年内の追加利上げを6月と9月、あるいは6月と12月などと予測していたことになる。

 これが今回(6月時点)、9人程度と変わらなければ、年内、例えば9月に1回だけということになる。しかし1.625%予測の人数が前回4人から例えば10人近くに急増するようだと、にわかに年内あと2回(9月と12月など)説が優勢になる。

 市場の事前予測では、6月利上げの後は9月に1回利上げして、12月は米連邦準備理事会(FRB)のバランスシート縮小が始まり、利上げの方は「1回休み」との見方が多い。17年末予測は1.375%の数が多いはずである。そうなれば織り込み済みで、利益確定売買程度の動きとなろう。

 しかし、年内あと2回(年末1.625%)となると、債券市場でドル金利が上昇して、外為市場ではドル高・円安に振れるだろう。日本株には「円安」の追い風が吹くことになる。

 この年内2回シナリオだと、FRBの資産縮小開始時期が来年にずれこむことになろう。引き締め効果がある資産縮小と利上げを同時に実行すれば、市場がショック反応を引き起こすリスクがあるからだ。

 次の注目点は、来年は何回利上げして来年末の予想金利水準はどうなるか、ということだ。

 前回(3月末)には18年末の行を見ると2.125%が6人いた。これは17年の年間利上げ回数を3回(3月、6月、9月など)と見て17年末の予想金利を1.375%としたうえで、18年年間利上げ回数は3回と予測していたことになる。今回も2.125%の人数が多ければ、サプライズは無しだ。

 しかし1.875%の人数が増え、2.125%の人数は減るというようなことになれば、利上げペースが予想以上に緩やかとなる、と解釈される。市場はドル安・円高に振れ、日本株には逆風となる。2018年に資産縮小ペースが本格化する、あるいは米国マクロ経済見通しが悪化すれば、ありうるシナリオだ。

 イエレンFRB議長は、インフレ率と賃金を除き、米国経済は利上げに耐えうるほど回復しているとの見方に立つだろう。しかし市場には、マクロ経済データの出方に不安を感じ、さらにトランプ財政政策の実現性をいぶかる見方も根強い。ゆえにマーケットはFOMC声明文の行間を読み、FRB経済見通しの本音を探ることになろう。

 なお、FRBバランスシート縮小については、記者会見で特段踏み込んだ発言がなければ、後日、FOMC議事要旨が発表になった時点で詳細が判明することになりそうだ。

豊島逸夫(としま・いつお)
 豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経ヴェリタス「逸’s OK!」と日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層心理」を連載。
・公式サイト(www.toshimajibu.org)
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuo.toshima@toshimajibu.org

豊島逸夫が語り尽くす 金 為替 世界経済

出版:日経BP社
価格:1026円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

豊島逸夫の金のつぶやきをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!