/

この記事は会員限定です

米の「遺伝子組み換え」表示義務化、日本への影響

商品部 今橋瑠璃華

[有料会員限定]

米国で遺伝子組み換え(GM)作物を使った食品にラベル表示を義務付ける「遺伝子組み換え食品表示義務化法案」(「GMO表示義務法」)が成立して、7月で1年を迎える。米農務省はラベル表示の方法や内容について法成立から2年以内に結論を出す予定。その後猶予期間の1年を経て実際に表示が義務化される。日本でも4月に消費者庁主導で表示対象を見直す検討会が発足、今年度末をメドに報告書をまとめる方針だ。台湾などアジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1922文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン