/

都民ファースト、「期待しない」6割

第323回解説 編集委員 木村恭子

地域政党「都民ファーストの会」の代表に就任した東京都の小池百合子知事が自民党に離党届を提出したことを「支持する」と答えた電子版の読者は73.8%に上った一方で、都民ファーストに対しては「期待しない」との回答が60.8%を占めました。

小池氏の離党を支持する読者からのコメントを読むに、小池氏に対して「自民党一党支配からの脱却への流れとなることを期待します」(70歳、女性)と好意的な意見がある一方で、「自民党を敵としているのにそこに所属するそのずるさは最低だったので、当然のことだと思います」(62歳、男性)などとして、小池氏のこれまでの言動への批判の裏返しとして、今回の離党を受け入れている読者も少なくありませんでした。

都民ファーストは小池氏の人気の高さでこれまで知名度を上げてきましたが、今回の電子版の読者の皆さんのアンケート結果からは、7月2日投開票の都議選に向け、小池氏自身が正念場を迎えていることが浮き彫りになったといえましょう。

小池氏が自民党を離党したことを支持する読者が「自民党と対立するのなら、離党したほうがすっきりする」(40歳、男性)、「わかりにくさが解消された」(55歳、男性)と受け止めている背景には、小池氏がこれまで自民党の都議団と対立しながらも、自民党を離党していなかったことへの批判があります。

「事実上、都民ファーストの会の代表として活動しており、自民党の支持者に対しても、都知事自身の支持者に対しても誠意を欠いていた。これが解決したのは望ましい」(32歳、男性)

「当たり前のこと。戦略が前面に出すぎていて嫌らしい」(44歳、女性)

中には離党を支持しながらも「自民党に在籍しながら都民支持の高さをバックに批判を繰り返してきた。都知事選のとき離党しておくのが筋。いまさら感がぬぐえない」として「(小池氏への)支持ではない」と明記した読者(57歳、男性)もいました。

こうした読者のモヤモヤ感の矛先は自民党にも向けられています。

「離党しないほうが、または(自民党が)除名しないほうがおかしかった」(58歳、男性)

さらに、パラドックスに陥っている読者も。

「国政は、自民党支持だが豊洲移転問題については、問題を起こした自民党では解決できない」(48歳、男性)

まさに「自民党は支持するが都議会の自民党は支持できない」という、この自民党を支持する読者の心情こそが、小池氏がこれまで自民党を離党せずに、都議会自民党を攻撃してきた構図と一致するといえましょう。

こうした矛盾にも似た感覚は、次のような声にもつながります。

「安倍首相と小池知事の両者を支持する」(76歳、男性)

「安倍(首相)も小池(都知事)も日本会議のメンバーであるし、思想発言も共通している」(60歳、男性)

 一方、小池氏の離党を「支持しない」(26.2%)読者は、離党自体をパフォーマンスとして否定的にとらえています。

「除籍狙いで劇場型選挙を展開したかったのが透けてみえる」(38歳、男性)

「知事選に立候補した時点で離党すべきだ」(53歳、女性)

「政党立ち上げの時点で離党すべきだった。今になっての離党はパフォーマンスでしかない」(37歳、男性)

回答者の内訳
回答総数4093
男性93%
女性7%
20代以下3%
30代8%
40代16%
50代22%
60代32%
70代16%
80代以上3%

小池氏が代表に就任した都民ファーストに対して「期待しない」と答えた読者が挙げた理由は、大きく2つに分かれます。

1つは、小池氏に対する落胆です。

「都知事として当初は期待していましたが、重要な課題は先送りで政策が進んでいない」(53歳、男性)

「小池氏が都知事選で奮闘したときは支持したが、知事になってからのオリンピック問題も豊洲移転問題もいたずらに弄んだような印象しか残っていない。もっとスピード感を持って結論を引き出す努力が見えてこない」(74歳、男性)

「いいかげん豊洲もオリンピックも政争の具にしているのは不快。豊洲なんてもう1年になるのに何も決められない。うんざり」(58歳、男性)

読者には小池氏が「決断できない都知事」とうつっているようです。都民ファーストに期待しないもう一つの理由は、政党に対する疑念です。

「昔の新党ブームに先祖返りしたように感じる。飽きた飽きないで政治の行方を決めるのはどうかと思う」(46歳、男性)

「離党者と素人集団の集まりでは改革はできないでしょ。結局は、小池さんの支持で右向け右の集団」(68歳、男性)

「自分の選挙区で都民ファーストの候補者は元民進党です。看板付け替えても人は変わらず。小池人気を当て込んだ選挙目当ての寄せ集めが明らかで、信用できません」(53歳、女性)

「小泉チルドレンや安倍チルドレンと同じ手合いの便乗の輩(やから)を集め立候補させる日本版ポピュリズム政党にすぎません。自民党と同じく理念も政策もなく、与党になることだけが目的の利権集団にすぎません」(60歳、男性)

「都民ファーストとは烏合(うごう)の衆」(66歳、男性)

都民ファーストに対する読者の政党イメージが、右から左まで多岐にわたるという点はユニークといえ、「結局、民進党と同じ道を歩むのでは」(64歳、男性)との危惧を持つ読者も。民進党の前身の民主党は結党当初から「右から左までいる寄せ集め」と揶揄(やゆ)されていました。

これに対して、都民ファーストに「期待する」(39.2%)読者は「政治に関心がいくようになったこと、どんなことが起きているのかが、分かりやすくなったこと、特に税金の無駄遣いに対する国民の目が厳しくなったことが良かったと思いますので、これからも期待しています」(52歳、女性)とあったほか、「既成政党」「既得権益」を打破するための役割を担ってほしいと考えています。

「既成政党の既得権益にしがみつく政治にはうんざりです」(60歳、男性)

「都政をゆがめてきた自民党と戦える党派として、都民ファーストに大いに期待する」(66歳、女性)

 将来、都民ファーストが国政に人材を送り込むことを見越して「都民ではないので都政自体を担うのがどこかは関係がないが、国政への影響を考えると自民党に対峙する勢力があった方がよい」(45歳、男性)との意見も。

ただ、都民ファーストに期待している読者であっても、不安は尽きないようです。

「自民党一強に比べればずっとマシだろうとは思い少し期待(『支持』とは別)。しかし大阪維新の再来である不安、小池氏個人の人間性への不安は持続」(50歳、男性)

今回の調査(3~6日)にご協力いただいた読者の皆さんによる安倍内閣の支持率は56.4%でした。

支持率が大きく落ち込んだ前回調査の26.7%と比べると29.7ポイント増となりましたが、前々回(52.1%)と比較すると4.3ポイントの増加です。

なお、次回(10日調査)はお休み致します。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン