量子コンピューターに弾み 「時間結晶」実験成功
編集委員 吉川和輝

(1/2ページ)
2017/6/12 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

理論的に予言されていた「時間結晶」という新しい物理現象を実験で作り出すことに、筑波大学や量子科学技術研究開発機構が参加する国際研究グループなど2グループが相次いで成功した。時間結晶は物質が時間とともに周期的にパターンを変える現象のことだ。筑波大学などが実験で使ったのは量子コンピューター向けなどに開発中の特殊なダイヤモンド結晶で、常温でも働く利点がある。今回の実験成功で量子コンピューターや量子セン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]