ニュースの深層

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

実は幻想、iPhoneの「日本製部品頼み」
裏読み「アップル経済圏」(下) 大槻智洋 TMR台北科技代表

(1/2ページ)
2017/6/22 6:30
共有
保存
印刷
その他

 iPhoneなどのアップル(Apple)製品には、日本企業の部材ばかりが使われている――。こうした認識を持っている日本人は少なくない。

アップルの「iPhone 7」
画像の拡大

アップルの「iPhone 7」

 しかし、これはもはや“神話”だ。確かにかつて、携帯音楽端末「iPod」では日本企業の部材の採用も目立ったが、今では台湾企業が強く、中国企業も躍進している。

 アップルとの直接取引という“業界地図の一等地”を得た企業は、世界でどのように分布しているのか。アップルが毎年公開している、部材供給企業リスト、いわゆる「サプライヤーリスト」から読み解く。

■常に台湾 > 米国 > 日本

 アップルに部材を供給しているサプライヤー数を本社の国・地域別に調べると、最大勢力は常に台湾企業である。図1に、同社がサプライヤーリストを公開し始めた2012年から2016年までの各年別の実績を示す。国・地域別の順位はこの5年間まったく変わっていない。

 過去5年通算でも同じだ。アップルサプライヤーとして掲載された269社中、台湾企業は71社、米国企業は60社、日本企業は55社である。

図1  本社の国・地域別に見たアップルのサプライヤー数,。2012年から台湾→米国→日本の順位は変わっていない
画像の拡大

図1  本社の国・地域別に見たアップルのサプライヤー数,。2012年から台湾→米国→日本の順位は変わっていない

 日本企業がサプライヤーの最大勢力だった時期について、明確なデータはない。ただし10年以上前のiPodシリーズは、そうだったと推測される。東芝や日立グローバルストレージテクノロジーズ[現在の米ウエスタンデジタル]のハードディスク装置、ソニーのリチウムポリマー電池、オプトレックス(現在の京セラディスプレイ)の液晶パネルなどが採用されていた。こうした大型部品の採用実績が“神話”を生み出したのだろう。

 しかし、それも今は昔。台湾企業がトップの座を占めている。台湾企業の強みの一つは、製造の現場とコミュニケーションが取りやすいことだ。鴻海(ホンハイ)精密工業(通称:フォックスコン、Foxconn)など台湾系の電子機器受託企業(EMS/ODM)企業が、アップルから製造案件をほぼ独占的に受注しているからだ(表1[注]

社名供給物
英語中国語
Compal Electronics仁寶2015年からタブレット
Foxconn
(Hon Hai)
鴻海スマートフォン、タブレット、筺体などの部材も供給
Foxlink
(Cheng Uei)
正崴アクセサリー(周辺機器)、コネクターなどの部材も供給
Inventec英業達音楽プレーヤー、Bluetoothイヤホン
Pegatron和碩スマートフォン、タブレット
Quanta Computer広達ノートパソコン、Apple Watch
Wistron緯創2015年から旧世代スマートフォン、2017年インド生産開始

表1 アップル経済圏を仕切る台湾系EMS/ODM企業。検索性を損ねない範囲で、一部社名を簡素化した

 これらEMS/ODM企業傘下の一部の部材メーカーは、親会社とは別口座でアップルと取引している。つまり、間接納入より難しいアップルへの直接納入を実現した。こうした部材メーカーは、親会社を通じてアップルのニーズを直接に近い形で把握できる。この立場が大いに役立った。

 具体的には、鴻海系ではコネクターの台湾FITホントン(FIT Hon Teng、鴻騰)、プリント基板の中国ゼンディン(Zhen Ding Technology、ZDT)が、台湾ペガトロン(Pegatron、和碩)系ではWi-Fiモジュールなどを製造する台湾アズールウェーブ(Azurewave、海華)が、それぞれ直接取引を実現している。このほか鴻海関連では、子会社化したシャープと、シャープの持ち株比率が44%のカンタツがアップルに直接納入している。

[注]例外は、米国とシンガポールに本社を持つフレクストロニクス(Flextronics)やアイルランドPCHインターナショナル(PCH International)が、ごく一部の製品を米国などで生産していること。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ

訂正>22日6:30に公開した「実は幻想、iPhoneの『日本製部品頼み』」の記事中「日立グローバルストレージテクノロジーズ[現在の米シーゲイトテクノロジー(Seagate Technology)]」とあったのは「[現在の米ウエスタンデジタル]」の誤りでした。(2017/6/22 12:50)

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!


【PR】

ニュースの深層 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「外断熱」の死角 ロンドン高層ビル火災の教訓 [有料会員限定]

 外壁が急激に延焼した2017年6月のロンドンでの高層ビル火災を見て、日本の防災専門家の多くが既視感を覚えた。過去にも中国や中東などで高層建築の外装材が炎上する火災が発生していたからだ。いずれにも外断…続き (9/13)

ニトリのロボット倉庫で見えた物流無人化の未来 [映像あり][有料会員限定]

 大量の製品が並ぶ棚の周りを歩き続け、ときには重い荷物を持ち上げる。夏は暑く、冬は寒い。繁忙期には残業も増える。肉体的にきつくてつらいといわれる物流拠点での仕事を、ロボットに置き換えようとする取り組み…続き (7/26)

荷主と軽貨物ドライバーの仲介サービス「PickGo(ピックゴー、旧名称は軽town)」の画面

昭和で止まった物流業界 スマホで崩す商慣習 [有料会員限定]

 トラックドライバーの高齢化が止まらない。政府の調査によるとトラック業界で働く人の約4割が50歳以上。特に大型トラックの高齢化は著しく、平均年齢は2016年時点で47.5歳に達する。中高年層が大量に退…続き (7/19)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月22日(金)

  • EV化による国内自動車関連メーカーの明暗 厳しい時代迎える部品会社も
  • 攻撃者が狙うシステムの弱点は5つ
  • そこに「座る」だけでアニメのキャラクターと遊べる──ディズニーが開発した「マジックベンチ」の実力

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月22日付

2017年9月22日付

・レシート、スマホで9割超読み取り、ISP
・薬副作用、iPSで予測 武田、早期に安全性見極め
・花火・海外挙式、VRで体感 近ツー、遠隔地に同時中継
・農作業の負担軽く、電動台車が自動追尾 中西金属工業
・抗がん剤を使いやすく、シンバイオ 米社技術導入…続き

[PR]

関連媒体サイト