/

この記事は会員限定です

欧州CL、レアル連覇引き寄せた1タッチシュートの妙

編集委員 武智幸徳

[有料会員限定]

古豪同士の対決として大いに注目された今季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝はスペインのレアル・マドリードがイタリアのユベントスを4-1で下し、大会2連覇を遂げて幕を下ろした。2得点を挙げたクリスティアノ・ロナルド(32)を筆頭にレアルの選手の1タッチシュートのうまさが栄冠を引き寄せた。

CLの前身で、1955年に始まったチャンピオンズカップの時代は大会の出場チームは文字どおり、各国のリーグチャ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3139文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン