/

この記事は会員限定です

ゴー・チョクトン・シンガポール前首相 日中連携でアジア主導を

[有料会員限定]

グローバリズムを押し戻そうとする勢力が米国や欧州にある。米国は温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」からの離脱を表明し、対立を悪化させている。だが、グローバリズムに背をむけることはアジアの利益にならない。

自由貿易には利点もあるが、グローバル化がもたらす問題への配慮が不十分だった。自国第一主義は必ずしも内向き、保護主義ではないが、(交渉などが)多国間から2国間に移り、大国が小国に交渉力を行使する。金融...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り547文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン