産総研など、構造物の打音検査をAIで支援

2017/6/5 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

産業技術総合研究所(産総研)は、首都高技術、東日本高速道路(NEXCO東日本)東北支社、テクニーと、インフラ構造物の打音検査を人工知能(AI)で支援する「AI打検システム」を開発したことを2017年6月1日に発表した。

社会インフラの老朽化対策として、2014年に国土交通省から、トンネルや2メートル以上の道路橋などを5年に1回の頻度で近接目視する「橋梁などの総点検」が義務づけられた。インフラの点…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]