/

「命預かる機械」と説教5時間くらう 京都EV誕生秘話

GLM社長 小間裕康氏(上)

GLMが開発中のEVスーパーカー「G4」と小間氏

電気自動車(EV)をはじめ次世代カー開発の競争が激しくなるなか、あえて高級スポーツカータイプにこだわる企業がある。京都発のEVベンチャー、GLM(京都市)だ。社長の小間裕康氏は起業家として一定の成功を収めた後、31歳で京都大学大学院に入学し、現在のビジネスへとたどり着いた。「和製テスラ」と紹介されることも多いが、その原点を聞いた。

◇   ◇   ◇

自動車産業は大きく言えば、これから2つの道に分かれていくと思います。1つは所有する喜びに代表されるような、高付加価値のモデル。もう一つはカーシェアやライドシェアなどに象徴される、非所有のモデルです。

前者で言えば、我々が開発中のEVスーパーカー「GLM G4」があります。想定価格は4000万円で、2019年の量産化を目指しています。4人乗りながら、前後ドア4枚が高く跳ね上がる、ちょっととんがったデザインです。

後者に関しては、新興国にもこれから非所有型のサービスが普及していくでしょう。自国の自動車を使ってサービスを展開したいけれども、技術が追いつかないケースも出てくる。その場合、車体の外装はそれぞれの国でまかなうとしても、中身の部品に関しては日本製を集めた我々のEVプラットホームを使ってもらう。当然、完成車の市場とプラットホームの市場は違ってくるでしょう。

世界に通用する中規模・少量EVメーカーを目指す

最近、世界と比較して日本の技術はどうも遅れているのではないかと指摘されることも多くなってきましたし、このビジネスを始める前は、私自身もそう思っていました。しかし、部品メーカーと話をするうちに、個々の技術に関していうと、必ずしもそうではないということもわかってきました。

日本には現在、世界的にも通用する優れた自動車メーカーが複数あります。一方で、中規模・少量生産の自動車メーカーが生まれにくい土壌もある。我々はここを担うことができると考えています。

大量生産を前提とした場合、先端的な部品が1つできたとしても、まずはその安全性・実用性を担保した上で、最後に大量生産にふさわしいコストダウンができないと搭載されない。結果、最先端の技術があっても、それが完璧にコストダウンできるという証明がされない限り、なかなか世に出にくいわけです。

つまり、個々の技術が世界に比べて立ち遅れているわけではなく、産業全体の構造として日本の技術がなかなかPRできない状態にある、ということが見えてきました。

一方で、欧州にはイタリアのフェラーリやランボルギーニに代表されるような中規模メーカーがたくさんあります。そこにボッシュやシーメンスなどドイツの大手部品メーカーが次々と先端技術を投下していっている。

GLMはまず、高付加価値のモデルを目指す。日本企業が積み上げてきた技術の中で先端性があり、安全性も担保できるけれどもまだコストダウンができてないような技術を積極的に取り入れ、高付加価値モデルに搭載していく。これによって車自体が日本の技術のショーケースになる、と考えています。おっしゃるように、発想としてはパソコンやスマートフォンのつくり方に近いかもしれません。

「お前はものづくりの大切さがわかっているのか!」

GLM社長 小間裕康氏

じつは以前から、ものづくりに対する興味はありました。GLMを設立する前、メーカーから委託を受け、家電量販店に販売員を派遣するビジネス・プロセス・アウトソーシングの事業をしていたことがあります。その際、自分たちがインプットした情報を、もっと商品企画や開発に生かせるのではないかと思い、エンジニアを集めてメーカーになろうとしたことがあり、そのときの選択肢のひとつが自動車でした。

最初に相談したのは、某大手自動車メーカーの会長さんでした。知人経由でたまたまお会いすることができて、「自動車メーカーをつくりたいのですが」と言ったら、ものすごい剣幕(けんまく)で「お前はものづくりの大切さがわかっているのか!」「自動車というのは、人の命を預かる機械なんだぞ!」と。お酒も入っていたせいか、延々と5時間くらい説教をされました。

たしかに難しいだろうなと思う半面、どういうポイントをクリアしていけば自動車メーカーになれるのか、ということもそのとき、同時に把握できたんです。ならばそのポイントを押さえた上で、もう一度、この方に話を聞いてもらえるくらいにアイデアを練っていけばなんとかなるかもしれないと思い、ひとつずつ積み上げてきた結果が今日のGLMです。

発想はピアノを始めたときと同じ

自動車をつくれるのではないかと思ったときの発想は、高校1年生でピアノを始めたときと同じです。音楽の世界でプロを目指すのならば、幼少期から習わないと無理だというのが世間一般の常識だと思います。しかし、私はそう思わなかった。

ピアノを始めた頃、地元の神戸市で阪神大震災が起こりました。当時はパンクロックが好きで、本当はバンドを組みたかったんです。震災で、それどころではなくなってしまった。

テレビドラマの影響もあり、当時はピアノを主体としたロックバンド「ベン・フォールズ・ファイブ」もはやっていました。ロックですが、その中にクラシックやジャズの要素が入っていたりしておもしろかった。

GLMが旭化成と共同開発したコンセプトカー

当初は楽譜も読めなかったのですが、キーボードを引っ張り出してきて、食事をする間も演奏するくらい熱中しました。すると、けっこう弾けるようになりました。とりあえず演奏に必要不可欠なコード(和音)だけ教えてもらい、最初はカラオケの伴奏から始めました。誰に教わるのでもなく、高校から自己流で弾き始めたので、ジャンルに対するこだわりもなく、自由でした。

常識的に無理なことも、ほんの少し方向性を変えれば可能に

ピアノをたたくようなちょっと変わった弾き方をしていたものですから、ふつうにメロディーを弾く友人と2人でアンサンブルを演奏することに。それが思った以上に人気が出て、毎週のようにイベントに呼ばれるようになったのです。ある時など、5階建ての吹き抜けを観客でいっぱいにしたこともありました。

そのときに気がついたんですね。常識的に考えて無理だといわれていることも、ほんの少し方向性を変えれば可能になる、と。

素人同然のピアニストにわざわざお金を払って結婚式で演奏してもらうなんて、頼む方も勇気がいったでしょう。ですから、演奏を依頼してくれる人も、どちらかといえば変わった人が多かった。そのうちに自分たちだけではこなせないくらいの依頼が舞い込むようになり、演奏家を派遣するビジネスを始めました。

そのとき、祖父が震災まで経営し、休眠させていた会社を使わせてもらいました。それが学生時代に創業した最初の会社「コマエンタープライズ」。もとは「小間工業所」という名前でした。

小間裕康
 1977年兵庫県生まれ。甲南大学法学部在学中の1999年コマエンタープライズを起業、家電メーカー向けビジネス・プロセス・アウトソーシングなどを展開、年商20億円まで成長させる。2009年京都大学大学院経営管理教育部に入学。10年GLM(旧グリーンロードモータース)設立、14年日本初の量産EVスポーツカーの国内認証を取得、15年「トミーカイラZZ」量産開始。

(ライター 曲沼 美恵)

「キャリアの原点」は原則木曜日に掲載します。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン