2019年2月24日(日)

福田富一・栃木県知事「医療費抑制、県の役割は限定的」
それぞれの責任(5)

2017/6/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

地域医療で都道府県の役割が増している。来年4月から国民健康保険の運営が市町村から都道府県に移るなか、医療費の抑制に向けた具体的な計画策定なども求められる。全国知事会で社会保障分野を統括する福田富一・栃木県知事に課題と展望を聞いた。

――取材班は社会保障制度の維持には医療費の適正化や抑制が必要だと考えています。都道府県は何ができて、何ができないのでしょうか。

「社会保障は持続可能性を高めながら、必…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報