広がるスマート内見 現物の鍵不要、VRで内装確認

2017/6/1 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

あらゆるモノがネットにつながる「IoT」や仮想現実(VR)などの先端技術を活用した住宅の内見サービスが増えている。見学者が自分のスマートフォン(スマホ)で玄関の鍵を開けたり、現地に行かなくても自宅などからVRで部屋の様子を確認したりできる。気になる物件をより手軽に下見できるようになってきた。

■賃貸アパートの鍵をスマホで代用

賃貸アパート経営支援のインベスターズクラウドは、不動産物件の内見用の鍵を…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]