2019年8月18日(日)

勝負はこれから

フォローする

故障者相次ぐ広島、孝行息子たちが支える首位
編集委員 篠山正幸

(1/2ページ)
2017/5/30 6:30
保存
共有
印刷
その他

エース級2人が抜けたら、普通ならペナントレースから脱落か、という悲壮感が漂っても不思議ではない。だが広島は違うようだ。クリス・ジョンソン、野村祐輔の離脱を若い力がカバーして踏ん張っている。

野村抹消、「みんなでカバー」

腰の違和感で野村が登録抹消された24日、ヤクルト戦に先発したのは4年目の大瀬良大地(25)だった。初回ピンチを招いたものの、ウラディミール・バレンティンを空振り三振に仕留め、あとは六回まですいすい。

今季の大瀬良は落ち着いた投球で先発の役目を果たしている=共同

今季の大瀬良は落ち着いた投球で先発の役目を果たしている=共同

29球を要した初回だったが「ここは球数を費やしてでもゼロに抑える」と開き直った。二回以降、球数を抑えて先発としては合格点といえる六回まで投げた。

1年目に10勝を挙げた逸材も、昨年、一昨年は中継ぎに回るなどしたこともあり、3勝止まり。先発に固定された今季は、落ち着いた姿をみせ、野村離脱の不安をぬぐう存在となった。

非常事態について問われた大瀬良は「みんなでカバーしていきたい」と話した。緒方孝市監督も大瀬良だけでなく、野村らの穴は全員で埋めていく、と強調している。

次々と若い芽が出てくるから、誰か一人に重責を負わせる必要がないのは確か。2年目の岡田明丈(23)は26日の巨人戦で5勝目。早くも昨季の4勝を上回り、一気に開花しつつある。ともに4年目の九里亜蓮(25)と中村祐太(21)の進境もめざましい。

中村祐はプロ初登板となった3日の中日戦で初勝利を挙げた。関東一高からドラフト5位で入団したものの、昨季までの3年間は故障に悩まされていた。

今季は登板前日からの肩甲骨や、肩周りのストレッチなど「ルーティンをしっかり持つこと」によって、スムーズに試合に入れるようになったといい、18日のDeNA戦で2勝目。28日の巨人戦では勝ち星こそつかなかったが、5回2失点と粘りの投球をみせた。直球は140キロを超える程度。自ら「特にこれというボールはない」というが「変化球でも腕の振りが変わらない」という長所を持つ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

電子版トップスポーツトップ

勝負はこれから 一覧

フォローする
西川は高めのボール球でもやすやすとスタンドまで運んでみせる=広島共同

 アマチュアの世界ではご法度とされる悪球打ちも、プロの世界では華麗なショーになりうる。今、その「曲打ち」の妙を楽しむなら、広島・西川龍馬(24)がお薦めだ。
 7月24日の中日戦。先頭打者として左打席に …続き (8/6)

19日のオリックス戦、中村は通算400号となる一撃で延長戦にけりをつけた=共同共同

 史上5位のスピード記録となる出場1611試合目にしての400号を放った西武・中村剛也(35)。パワー、技術が不可欠なのはもちろんだが、記録を可能にした一番の要素は、どんなときでも半端なスイングはしな …続き (7/23)

楽天に移籍した下水流は7日の日本ハム戦で4打数2安打1打点の活躍を見せた=共同共同

 くすぶっていた選手が、環境が変わった途端にブレークする、というのがトレードの面白さだ。広島から楽天に移籍した下水流昂(しもずる・こう)は早速、持ち前の打棒を発揮し始めている。7月いっぱいのトレード期 …続き (7/9)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。