/

この記事は会員限定です

対岸の火事ではない 米トランプ政権の科学軽視

有識者に聞く

編集委員 滝順一

[有料会員限定]

米国のトランプ新政権は科学研究関連予算の削減方針を打ち出した。移民制限の動きは多様な人びとが集まり活力を生み出してきた米国の科学研究風土を損ないかねない。心配される影響の大きさなどを2人の有識者に聞いた。

1人目は科学技術政策の司令塔である内閣府総合科学技術・イノベーション会議の久間和生議員。

<久間和生 内閣府総合科学技術・イノベーション会議議員>

大統領は「科学者は税金で好きなことしている」と思い込み?

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3277文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン