2019年7月24日(水)

改正民法、瑕疵担保責任などシステム開発契約に影響大

2017/5/27 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

物品の売買や契約のルールなど「債権」に関する民法の改正案が2017年5月26日、参議院本会議で可決・成立した。公布から3年以内に施行される。

民法の改正はIT(情報技術)に関する契約に様々な影響をもたらす。システム開発委託時の契約内容や、その際に発生するユーザー企業とITベンダーの責任範囲などが変わる。

改正民法の変更点の一つが「瑕疵担保責任」をめぐる条文だ。民法634条から640条で規定されて…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。