グラフェンで赤外光を変換、高次高調波の解明に寄与

2017/5/24 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

京都大学は2017年5月22日、グラフェンに赤外パルス光を照射すると、波長が5分の1、7分の1、9分の1の可視パルス光が生成されることを発見したと発表した。

この現象は「高次高調波発生」と呼ばれる。固体を用いた高次高周波発生の物理的メカニズムには統一的見解が得られていないが、炭素の単一原子層の超薄膜であるグラフェンで実現した今回の発見は、この見解に大きな知見を与えると期待されている。

光の波長を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]