/

この記事は会員限定です

従来型の中国ビジネスにこだわるなかれ

水野コンサルタンシーホールディングス社長 水野真澄

[有料会員限定]

改革開放路線の転換以降、約40年経過して、中国は誰も想像できなかったほどの成長を遂げている。日本企業の将来戦略の設定に当たり「中国でビジネスをしない」という選択は遠からぬ将来、「米国でビジネスをしない」という選択と同じ重みを持つようになり得る。2012年の反日騒動が記憶に残っていれば、中国に批判的な感情を持つ人がいるのは自然なことかもしれないが、重要なのは時代の変化を踏まえた冷静な分析と判断であろ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2286文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン