/

この記事は会員限定です

会社員の副業 どこまでOK? ルール巡り紛争も

[有料会員限定]

政府が進める「働き方改革」の柱の一つに、会社員の副業や兼業を促す方針が示された。だが実際のところ、副業や兼業はどこまで許されるのだろうか。企業によって線引きの範囲は異なり、ルールの運用は揺れている。

オフィスの自席で副業

インテリア雑貨のオンライン販売などを手掛けるエンファクトリー(東京・渋谷)。顧客サービス担当の山崎俊彦さんはオフィスの自席でパソコンに向かい、妻と一緒に立ち上げた会社の業務にも取り組んでいる。ペット犬...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3166文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン