がん治療・解体新書(4) 善玉の子は善玉

(1/2ページ)
2017/5/18 6:30
保存
共有
印刷
その他

がん細胞の転移の元凶とされるエクソソーム。内包したマイクロRNAが「死のメッセージ」を送り正常な細胞を死滅させ、がん転移の足場となるくぼみや穴をつくる。しかし、ここに来てそんな「悪玉」とは別に「善玉」のエクソソームがいることが分かってきた。

三重大学大学院医学系研究科教授の珠玖洋氏

三重大学大学院医学系研究科教授の珠玖洋氏

2016年5月、オランダのロッテルダム――。近年、生物学分野で最も注目度が高い学会の一つである「国際細胞外小胞学会(ISEV)2016」で、話題をさらった日本人研究者たちがいる。三重大学大学院医学系研究科の珠玖(しく)洋教授と、瀬尾尚宏特任講師だ。

衆目を集めたのは2人の発表。「外敵を攻撃する免疫の主役『T細胞』が生むエクソソームが、がんの転移を抑えている」という新事実が細胞の専門家たちを驚愕(きょうがく)させた。

■転移の兆候見られず

「エクソソームはがん転移の元凶でなかったのか」――。発表を終えた珠玖氏を会場で話を聞いていた研究者たちは驚きの表情で迎え「次から次に質問攻めにした」。

エクソソームは、がん細胞から生まれるが、正常細胞も出す。国立がん研究センターの落谷孝広氏らが中心となって進めるのがエクソソーム悪玉説。これに対して2人の研究は「T細胞から生まれたエクソソームは善玉だ」との主張だ。

その根拠となっているのが15年に発見した事実だ。転移性の高いがん細胞をマウスの皮膚に移植し、そこにT細胞から取ったエクソソームを振りかけてみたところ、がんが移植した場所の周辺に広がる「浸潤」がゼロだった。つまりがんの転移の兆候が見られなかったのだ。

これに対してT細胞が生んだエクソソームを振りかけなかったマウスは50%が浸潤した。予想もしなかった結果に珠玖氏自身も最初は信じられなかった。「実験手段に誤りがあったのではないか」と疑ったほどだという。

さらにマウスをしばらく放置、観察し「転移」が起きるかどうか調べたところ、エクソソームを振りかけたマウスでは、肺への転移が1カ所確認されただけだった。善玉のエクソソームを振りかけなかったマウスは肺に8カ所、転移が認められたのとは決定的な差だった。

「これは間違いなどではない。T細胞のエクソソームが何か大きく作用している」

2人はこの前提でT細胞由来の善玉エクソソームとがん細胞との関係を調べた。すると面白い事実が判明した。善玉エクソソームは、がん細胞本体を直接攻撃せず、がん細胞の周辺にある「間葉系幹細胞」を破壊していたのだ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]