/

この記事は会員限定です

JXTG、増配宣言に込めた改革への決意

証券部 荻野卓也

[有料会員限定]

4月に発足した石油元売り最大手、JXTGホールディングスが収益体質を抜本的に変えようとしている。旧JXホールディングスと旧東燃ゼネラル石油の統合による相乗効果をいち早く引き出し、2020年3月期に連結営業利益5000億円を目指す。2社の前期の単純合算(在庫影響除く)の2倍超となる水準だ。改革に先駆け、内田幸雄社長が「不退転の決意」を込めたものがある。今期の6期ぶりとなる増配だ。

「増配は事業方針を確実に実施していくという...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り835文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン