スポーツ > 競馬 > 栗東通信 > 記事

栗東通信

フォローする

キタサンVS.サトノ 最強馬争い、再戦の舞台は
初の凱旋門賞制覇で決着も

2017/5/14 6:30
保存
共有
印刷
その他

現役最強を争うキタサンブラック(牡5、栗東・清水久詞厩舎)とサトノダイヤモンド(牡4、同・池江泰寿厩舎)の対決で注目を集めた天皇賞・春(4月30日、G1・京都芝3200メートル)。キタサンブラックが圧勝を飾り、サトノダイヤモンドは3着に敗れた。

天皇賞・春のキタサンブラック(手前)とサトノダイヤモンド(右)。両馬とも仏遠征を視野に入れる=共同

天皇賞・春のキタサンブラック(手前)とサトノダイヤモンド(右)。両馬とも仏遠征を視野に入れる=共同

昨年末の有馬記念(G1)ではサトノダイヤモンドがキタサンブラック(2着)を破って優勝しており、対戦成績は1勝1敗。今後も最強馬の座をかけた争いは続く。両馬ともフランスの凱旋門賞(10月1日、G1・シャンティイ芝2400メートル)挑戦を視野に入れ、次の対戦が海外となる可能性もある。

天皇賞・春はハイペースの2番手から抜け出したキタサンブラックの強さばかりが目立った。ただサトノダイヤモンドにとって3200メートルは適性外。まだ4歳で成長の余地も大きい。もう少し短い距離で戦えば逆転もあり得る。

待ち遠しい2頭の再戦はいつか。キタサンブラックは宝塚記念(6月25日、G1・阪神)に出走する予定だが、サトノダイヤモンドは宝塚記念をパスする方向。次戦は凱旋門賞の前哨戦となりそうだ。

一方のキタサンブラックは「まずは宝塚記念」(清水調教師)と目の前の一戦に全力投球する構え。その後について馬主で歌手の北島三郎さん(名義は大野商事)は「状態がいいなら(凱旋門賞に)行ってみようかな」と天皇賞・春のレース後に語った。

以前は「かわいい我が子と同じで、知らない、厳しい所へ行くのはかわいそう」と話していたことを考えると遠征に前向きになった様子。2頭の再戦の舞台が凱旋門賞となる可能性が出てきた。日本馬による初の凱旋門賞制覇で、最強馬争いの決着がつくかもしれない。

(関根慶太郎)

栗東通信をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

栗東通信 一覧

フォローする
キセキ(左から2頭目)はフォワ賞で完敗だった=共同共同

 日本でも注目度の高い欧州最高峰のレースのひとつ、凱旋門賞(G1、仏・パリロンシャン競馬場、芝2400メートル)が10月6日に行われる。このレースに参戦予定の関西馬、キセキ(牡5、栗東・角居勝彦厩舎) …続き (9/29)

マスターフェンサーは米クラシックで健闘した=APAP

 2019年の中央競馬も23日の宝塚記念(G1)が終わり、折り返し地点を迎えた。上半期の印象的な出来事のひとつは、関西馬の意欲的な海外遠征だろう。3歳馬のマスターフェンサー(牡、栗東・角田晃一厩舎)は …続き (6/30)

武豊(右)はフェブラリーSで早くもG1を勝った(17日、東京競馬場)=共同共同

 武豊(49、栗東・フリー)が年明けから好調だ。24日現在で26勝を挙げ、最多勝ランキングで2位につける。17日のフェブラリーステークス(東京、ダート1600メートル)では早くも今年のG1初勝利を飾っ …続き (3/2)

ハイライト・スポーツ

[PR]