/

この記事は会員限定です

単調な箱詰めはお任せ 資生堂、双腕ロボと共同作業

[有料会員限定]
日経ものづくり

静岡県掛川市にある資生堂の掛川工場。この工場のメーキャップ製品組立工程で2017年3月、双腕の協働ロボット「NEXTAGE」が稼働を始めた。経済産業省の「平成28年度ロボット導入実証事業」を利用して導入した。

ファンデーションなどの粉末化粧品のセル生産工程において、セル内の作業者のすぐ横で2台のNEXTAGEが箱詰め作業を行っている(図1)。

人手不足に備えて自動化

「工場では作業者を確保しにくくなってきている。今後深刻化する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1733文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン