2019年8月25日(日)

フルスイングの余韻(山崎武司)

フォローする

山田や筒香、中田… 不振の影にWBC?

(2/2ページ)
2017/5/14 6:30
保存
共有
印刷
その他

スランプは不意にやってくる。いい当たりが野手の正面に飛んだり、美技に阻まれたりする。「うわ、ヒットを1本損した」と思ったところから、一気に打撃が狂い、全く打てなくなるということがある。反対に1本のポテンヒットで気持ちがガラリと変わり、スランプ脱出というのもよくある話。チームや投手には白星、打者には安打が最良の薬となる。病は気からというように、打撃においても気持ちの要素は大きいのだ。

まず頭のケア、そして練習へ

シーズンは好不調の繰り返しだ。不調のない選手はいない。だが不調のダメージをどれだけ小さく抑えられるかは選手によって変わる。一流とそれ以外の分かれ目もそこにあると僕は考える。プロの1軍にいるような選手は皆、好調時には安打を打てる。差が出るのはむしろ不調時だ。スランプに見舞われても人より早く脱出できる選手、本調子でなくてもチームに貢献できる選手がレギュラーをつかみ、一流になっていく。

調子が落ちたとき、まずすべきは頭のケアだ。自分と向き合い、何が問題で、何をすべきかを考える。その上で練習なりトレーニングをした方がいい。出した答えが必ずしも正解とは限らないが、少なくとも闇雲に動くよりは自分なりの根拠がある。裏付けのある練習は自信を与えてくれるものだ。

DeNA・筒香はかなり復調してきている=共同

DeNA・筒香はかなり復調してきている=共同

山田の場合、彼の打撃を支えている軸回転ができていないように見える。これは体のキレに問題があるのだから、瞬発系のトレーニングが有効だと思う。本人も分かっているはずだ。数字から察するに、筒香はかなり復調してきたようだ。正直あまり見ていないので詳しいことはいえないが、彼は調子が悪いと自分から球をつかまえにいく癖がある。手元まで呼び込み、詰まりながらでもフェンスを越えるような本来の打撃を見せてほしい。

普通の選手であれば、調子が悪ければ休んで調整や気分転換という手もある。だが山田や筒香、中田クラスになるとその選択肢はない。4打席凡退しても5打席目が回ってくれば「そろそろ1発出るんじゃないか」と相手投手に脅威を感じさせ、ファンに期待を抱かせる。どんな状態でも打席に立ち続け、勝負に臨む。逃げ場のない立場は厳しくもあるが、そんな存在感と責任もまた、彼ら自身が築き上げたものだ。出口のないトンネルはない。間もなく本格的に復活するはずの猛打を僕も心待ちにしている。

(野球評論家)

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

フルスイングの余韻(山崎武司)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2
保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

電子版トップスポーツトップ

フルスイングの余韻(山崎武司) 一覧

フォローする
ロッテ・藤原は開幕1軍入りを果たすも結果を出せず2軍落ちした=共同共同

 プロ野球開幕から1カ月あまり、注目のルーキーたちがプロの壁にはね返されている。開幕1軍入りを果たした藤原恭大(ロッテ)は結果を出せず2軍落ち。4球団が競合した根尾昂(中日)はケガもあり、本領発揮には …続き (5/5)

藤原の軸足に体重を乗せての豪快な振りは、さすが3球団が競合した選手だけのことはある=共同共同

 2月は各球団の春季キャンプを回った。今年は外野手に楽しみな新人が多い。ドラフト1位で入団した彼らのプレーに注目してみた。
 まずはロッテの藤原恭大(大阪桐蔭高)。3安打を放った中日との練習試合を見たが …続き (3/3)

巨人の入団記者会見で原辰徳監督(右)とグータッチをする炭谷銀仁朗捕手=共同共同

 今年のストーブリーグは大物選手の移籍のニュースが次々に飛び込んできた。激しい争奪戦が繰り広げられ、羨ましいというほかない大型契約も結ばれた。野球選手はいつダメになるか分からない商売だ。稼げるうちに少 …続き (2018/12/16)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。