/

この記事は会員限定です

人の隣で作業、協働ロボットで進める「軽薄短小」

[有料会員限定]
日経ものづくり

人のそばで作業できる「協働ロボット」が、生産現場で活躍し始めている。従来、産業用ロボットのユーザー企業は製品の大量生産を主な目的として生産現場にロボットを導入してきた。

しかし、先進国における労働人口の減少や、柔軟な生産が必要になる多品種少量生産への対応などを背景に、人と共に働くロボットが求められるようになってきた。一部の海外メーカーは現場の変化を捉え、協働ロボットをいち早く製品化。日本でも201...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3805文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン