/

この記事は会員限定です

香港でくすぶるアグネス・チャン氏政府起用説

香港支局 粟井康夫

[有料会員限定]

香港出身で日本で活躍したタレント、アグネス・チャン(陳美齢)氏(61)を香港政府が教育局長(閣僚)など教育関連のポストに起用するという観測がくすぶっている。行政長官に当選した親中国派の林鄭月娥(キャリー・ラム)氏(59)と面会し、教育改革に関する提言をしていたことが明らかになったためだ。アグネス氏登用への賛否両論は、教育システムを巡る香港の分断も浮き彫りにしている。

教育関連ポストの可能性が浮上

アグネス氏は8日、香港のラジオ局...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1487文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン