ボール任せ 風任せ

フォローする

女子ゴルフ、ツアー人気支える広い裾野
ゴルフジャーナリスト 地平達郎

(1/2ページ)
2017/5/11 6:30
保存
共有
印刷
その他

女子プロゴルフツアーの人気がかげりを見せない。5月第1週までのレギュラーツアー10試合の総入場者数は16万5693人で、昨年の同じ時点より1万3089人増えている。

優勝した中園(左)に賞金目録を贈る大塚会長

優勝した中園(左)に賞金目録を贈る大塚会長

中でも、5月4日から7日まで、茨城ゴルフ倶楽部で行われた今季国内メジャー第1戦、ワールドレディース・サロンパスカップでは、海外から話題の選手が出場したことも手伝って、初日に史上最多の1万3097人が、4日間を通しても4万1484人のギャラリーがつめかけ、大にぎわいとなった。

そんなワールドレディースのけん騒から一夜明けた8日、埼玉県の狭山ゴルフ・クラブで、「OKトーナメント」という非常にユニークな大会が行われた。

女子プロ120人参加と聞けばごく普通のようだが、1日の試合としては破格の賞金総額1500万円。さぞかしトッププロが顔をそろえているのかと思いきや、トーナメント出場機会の少ない"下積み"プロばかりだ。

「OK」2人がポケットマネー

2014年5月に第1回大会を開催し、春と秋の毎年2回、数えて今回が7回目となる大会のスポンサーになっているのは企業ではなく、アース製薬の大塚達也会長とYKエステート(川崎市)の勝又泰夫社長の2人。つまり「OK」2人が"ポケットマネー"を出し合うプライベートトーナメントなのである。

アース製薬は6月第4週にレギュラーツアーのアース・モンダミンカップ(千葉県カメリアヒルズCC)を主催している。大塚会長がどうして個人的に、まったくコンセプトの違うトーナメントを開いたのか――。

「レギュラーツアーのスポンサーになってわかったのは、そこに出てこられるのは女子プロの一部だということ。その何倍もの人が、プロとはいうものの試合のチャンスがない。そんな選手たちを応援したいと思った」

トーナメント出場機会の少ない選手にとって貴重な機会

トーナメント出場機会の少ない選手にとって貴重な機会

だから、OKトーナメントの出場資格は、上から順に決めていくレギュラーツアーとは正反対。日本の女子プロの出場資格は、シード選手以外は前の年に行われるクオリファイングトーナメント(QT)ランキングの上から順に拾っていく。

OKトーナメントはまったく逆で、QTランキング(今年は363位まで)の最下位から順に出欠を確認して120人を決めていく。賞金配分にもその意識は貫かれている。国内外・男女とも通常、賞金総額の18~20%が優勝賞金となる。1500万円なら270万円から300万円だ。しかし、OKトーナメントの場合は半分以下8%の120万円。その分、下に厚く配分される。

この日の表彰式。成績表が配られると、あちこちで「えっ、こんなにもらえるの!?」と、歓声にも似たつぶやきが聞かれた。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

ボール任せ 風任せ 一覧

フォローする
渋野日向子は実力もさることながら、笑顔がいちばんの魅力=共同共同

 プロのスポーツ選手にとって最も大切なのは、一人でも多くの人にファンになってもらい、愛され、応援してもらうことだということを、プロゴルファーの渋野日向子が再確認させてくれている。
 8月第1週のAIG全 …続き (9/18)

共同

 ちょうど1年後の8月1日・土曜日は、東京五輪前半の週末にあたり、日本中が熱く沸き返っていることだろう。
 ゴルフ競技は男子の3日目が行われているはずで、はたしてどんな展開になっているだろう。日本は誰が …続き (8/1)

ペブルビーチ・リンクスを舞台にした1972年の全米オープンで優勝を決め、トレビノ(右)と共に18番グリーンを後にする二クラウス=APAP

 ゲーリー・ウッドランド(35、米国)のメジャー初優勝で幕を閉じた男子ゴルフの第119回全米オープン。舞台となったペブルビーチ・リンクスは、パブリックながら全米オープン開催は今回が6回目という、世界で …続き (6/20)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]