書斎のゴルフ

フォローする

誰もが飛距離アップへ「飛ばしの運動法則」(上)

(1/3ページ)
2017/5/17 6:30
保存
共有
印刷
その他
 日体大で教壇に立ち、ゴルフ部の監督としても学生にゴルフを教えている江原清浩プロ。今年から全国屈指の実力で知られる埼玉栄高ゴルフ部で技術指導もしている。このほかに埼玉のアーリーバードゴルフクラブで一般ゴルファーも指導している。ゴルフの運動法則が専門の江原プロに、誰もが飛ばせるようになる体の使い方を教えてもらう。(日本経済新聞出版社「書斎のゴルフ VOL.34」から)

──江原プロは埼玉栄高校時代に春の全国高校選手権で個人優勝を果たし、日体大時代には関東アマに優勝、全国大学対抗戦でも優勝され、トーナメントプロとして試合にも出場。ところが体の故障によって、指導者の道を選ばれた。大学に復帰して学位を取り、教員免許も取得、今は日体大や武蔵丘短大で学生たちを教えている。日体大ではゴルフ部の監督も務め、今年から全国屈指の強豪校である埼玉栄高校ゴルフ部の指導も手伝われるとお聞きしています。

江原 とても充実した日々を送っています。大学に復帰して運動力学や運動生理学などを詳しく学んで、それが指導者になった今、とても役立っています。学生だけでなく、このアーリーバードゴルフクラブでは一般のゴルファーも指導しているので、ジュニアからシニアまで、それも初心者からトップアマまで、いろいろなゴルファーを指導するのは自分自身も毎日勉強になって楽しいです。

──ゴルフスイングと体の動かし方について研究され、それをもとに様々なゴルファーをレッスンされている。そうした実績から、どうすれば飛距離を出せないゴルファーに飛ばしの恩恵をもたらすことができるか。それを教えていただきたいと思っています。

江原 運動能力に優れた日体大の学生でも飛距離の出ない者もいますし、一般のゴルファーであっても飛距離不足の悩みは深刻です。飛ばすことができれば、コース攻略の点でアドバンテージがありますよね。そして、飛距離の出ないほとんどのゴルファーが自分の能力を発揮できていないわけです。体の動かし方が理にかなっていないために飛ばせない。なので、そのところを教えるとすぐに飛距離アップできます。私の経験でいえば、一般のゴルファーならば誰もが今よりも飛ばせるようになります。

──それは素晴らしいです。

江原 私自身のことでいえば、高校2年の日神カップというジュニアの大会のときに、いきなり飛距離アップした出来事がありました。それまでの私は周りの高校生よりも飛ぶほうではなく、アプローチとパットでスコアをつくっていました。この大会でもそうだったのですが、前半の8番のロングホールで、風がすごくアゲンストだったことから球を抑えようとして打ったんです。スプーンでのセカンドショットだったのですが、これまで味わったことのない感覚で、強烈な球が打てたんです。

──抑えようとしたということですから、少しスイングを変えたわけですね。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

書斎のゴルフ 一覧

フォローする

中部銀次郎さんがのこした言葉は、ゴルフの神髄を表している。深く心に残り、ゴルフの奥深さを味わわせてくれる。もちろん、上達への大きなキーワードでもある。そして、それはビジネスにも通じ、普段の生活にも役立 …続き (6/4)

カラーからのパットは芝に食われる分を足し、先に距離を計算する

「ロジカルゴルフ」第2弾となる「ロジカルゴルフ 実戦ノート」(日経プレミアシリーズ)が大好評の尾林弘太郎プロ。第1弾の前作「ロジカルゴルフ スコアアップの方程式」も大ヒットしたが、いずれも尾林プロが延 …続き (5/28)

ラインを読むときは、距離感を先に考え、その後で曲がり幅を読む

「ロジカルゴルフ」第2弾となる「ロジカルゴルフ 実戦ノート」(日経プレミアシリーズ)が大好評の尾林弘太郎プロ。第1弾の前作「ロジカルゴルフ スコアアップの方程式」も大ヒットしたが、いずれも尾林プロが延 …続き (5/25)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]