2019年8月24日(土)

フィギュアの世界

フォローする

難度か完成度か 五輪連覇狙う羽生の選択は?

(1/2ページ)
2017/5/4 6:30
保存
共有
印刷
その他

4回転ループを跳ぶと決めた2016~17年シーズンの羽生結弦(ANA)は、シーズン終盤の3大会連続でループを含む4回転ジャンプをフリーで計4回成功し、18年平昌五輪へいい形で締めくくった。だが、ショートプログラム(SP)、フリーともにミスなく終えた大会はなかった。「五輪で金メダルを取りたいと思ってきた」と語る羽生は4年間の集大成に向け、難しいジャンプに挑み続けるのか、それともプログラムをまとめる方向にシフトするのか。

逆転優勝を果たし、世界選手権の表彰式で笑顔の羽生。左は2位の宇野、右は3位の金=共同

逆転優勝を果たし、世界選手権の表彰式で笑顔の羽生。左は2位の宇野、右は3位の金=共同

SPで1、1、2、2。フリーでは2、2、3、4。14年ソチ五輪から毎年、羽生が跳ぶ4回転ジャンプの回数は増えていった。昨季、フリーで4回転を4回跳ぶ猛者、金博洋(中国)が登場すると、15、16年世界王者のハビエル・フェルナンデス(スペイン)は現状(SP、フリー計5回)を維持して完成度を高める方向へと重心を移したが、対照的に羽生は難度を上げて金、宇野昌磨(ともに計6回)、ネーサン・チェン(米国、計8回挑戦)ら10代選手に負けじと4回転ジャンプの回数を増やしてきた。

「好き嫌いの問題ですよね」

4回転を跳ぶか、プログラムの完成度を高めるかは「好き嫌いの問題ですよね」。4月、3年ぶりに世界選手権を制した後、羽生はこう語った。「ジャンプをきれいに跳べれば(ジャンプとジャンプの間のつなぎである)トランジションもいいと思われ、演技構成点も評価される」とも。このまま10代の3選手とのジャンプ合戦を続けるように見えた。

今回の世界選手権では、4回転ジャンプの失敗が響いてSP5位。フリーは4つの4回転をいずれもクリアに決めた。「完璧」といえる演技で世界歴代最高の223.20点を記録し、同じく4回成功した2位の宇野に8.75点差、合計321.59点でSP1位との10点差を逆転した。改めてジャンプの持つ得点力を確信した一方で、羽生はあることにも気づいている。「ジェーソン・ブラウン(米国)は4回転なしで7位に入った。(4回転をフリーで3回しか跳ばない)パトリック・チャン(カナダ)にも得点が出ていた。この辺は新たに考えなくてはいけない」

その3週間後、深く考える事態が起きた。世界国別対抗戦で、SPで4回転が一つも決まらず7位。フリーでは4回転に5回挑戦して4つ成功させて1位になったが、本人も「SPへの苦手意識が出てきた」とこぼしたほど。「考えてみれば、(昔の)僕って難しいジャンプを跳ぶというより、スピンや表現などのトータルパッケージでプログラムを見せるタイプだったんですよね。気持ちよく跳べるもの、そういうものを追求してもいいかな」

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

フィギュアスケートコラム

電子版トップスポーツトップ

フィギュアの世界 一覧

フォローする
紀平はフリーで巻き返したが、SPの出遅れが響いた

 日本勢の金メダル2個、銀メダル1個と沸いたさいたま大会から5年。再びさいたまスーパーアリーナで行われたフィギュアスケートの世界選手権は、銀メダル1個にとどまった。だが、日本勢にとっては実り多く、これ …続き (3/30)

紀平はGPファイナルで、13年ぶりに日本選手として初出場初優勝を果たした=共同共同

 フィギュアスケートの世界では、五輪の翌シーズンに新しいスター選手や、大きなルール改正に伴ってこれまでにない戦い方をする選手が出てくることがある。今季はそれが顕著で、わかりやすい。紀平梨花(関大KFS …続き (1/14)

ジャンプにミスが出たが、高橋は高い演技構成点を獲得した=共同共同

 24日まで行われたフィギュアスケートの全日本選手権で男子2位に入った高橋大輔(関大KFSC)。2019年3月20~23日にさいたま市で開催される世界選手権の代表入りは辞退したものの、自分らしく4年ぶ …続き (2018/12/30)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。