国際競争入札で負け続け 喧嘩を忘れた日本企業

(1/3ページ)
2017/5/9 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「まさか世界屈指の親日国で、あれほどの重要な案件を失注するとは……」。経済産業省の幹部はいまだ3カ月前のショックから立ち直れていない。重要な案件とは、2017年2月に決着が付いたトルコの巨大つり橋プロジェクトの国際競争入札だ。

アジアと欧州文化の十字路、イスタンブールから約300km。トロイの木馬で有名なトロイア戦争の舞台としても知られるダーダネルス海峡に、世界最長2000m級のつり橋が23年ま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]