呼気CO濃度を在宅・院外で測定、キュア・アップ

2017/5/1 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

キュア・アップは2017年5月1日、呼気中の一酸化炭素(CO)濃度測定を遠隔診療に導入できる「ポータブルIoTデバイス」と、測定結果を患者と医師が確認し共有できる「ニコチン依存症治療アプリ・クラウド」を一体化したIoTソリューションを開発したと発表した。特許出願中である。

ここにきて、政府の未来投資会議や厚生労働省において、遠隔診療への保険適用拡大が議論されている。禁煙治療もその対象の一つとして…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]