/

この記事は会員限定です

ベンチャー支えるU35弁護士 助言よりも当事者に

[有料会員限定]

ベンチャー企業に飛びこんで活躍するU35(35歳以下)世代の若手弁護士が増殖中だ。主戦場は、人工知能(AI)やビッグデータ、シェアリングエコノミーなど既存の法律が想定していなかった新しいフィールド。企業が飛躍を目指すうえで避けて通れない法的な課題に、アドバイザーではなく当事者として取り組んでいる。

インドネシア大企業との提携で奔走

指紋認証を使った決済サービスを手掛けるリキッド(東京・千代田、久田康弘社長)で経営管理部長を務めるの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3247文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン