2019年9月24日(火)

関西発「スポーツCAFE」

フォローする

阪神・梅野、リードさえ正捕手の座つかむ

2017/4/29 6:30
保存
共有
印刷
その他

懸案だった阪神の「主戦捕手」に梅野隆太郎が収まったようだ。今季は先発の全投手とバッテリーを組み、見違えるような動きを見せている。

優勝争いをするチームにはフル出場に近い安定した捕手がいて、チームを引っ張る。ところが近年の阪神は、ベテラン移籍選手や経験の浅い若手捕手を使い回す苦しい状態だった。

金本知憲監督が「超変革」を掲げた昨季は、ポジションを白紙に戻してチームをつくり替えようとした。梅野は「われこそ次の主戦捕手」と意気込んだが、育成選手からのし上がった原口文仁にその座をさらわれた。

投手陣の梅野(左)への信頼は高まっている=共同

投手陣の梅野(左)への信頼は高まっている=共同

控えに回った以上に屈辱的だったのは、メッセンジャー、能見篤史の両主力投手と一度もバッテリーを組めなかったことだ。投手が捕手を選ぶのはタブーとされ、梅野と両投手のケースも理由は明かされていない。

ただ、捕球とリードに問題ありと漏れ伝わった。さらに球宴後に1軍入りした新人・坂本誠志郎が、能見と7試合でバッテリーを組んだことも梅野には屈辱的だった。今年は原口が打力を生かす一塁手に転向し、坂本が主戦捕手に仕立てられそうだった。

ところが、3月の教育リーグで坂本が死球を受けて右手親指を骨折した。このチャンスを梅野は逃さなかった。出番が増えると、プレーもさえる。メッセンジャー、能見とも違和感なくコンビを組み、好リードに対する感謝の言葉をもらえるようになった。

だが、まだ油断ならない。正遊撃手に収まったと見られた北條史也に新人・糸原健斗をぶつけるなど、超変革は続いている。坂本は5月中にも戦列復帰しそうだ。それからの激しいバトルが見ものである。

(スポーツライター 浜田 昭八)

関西発「スポーツCAFE」をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

関西発「スポーツCAFE」 一覧

フォローする
竹安は8月17日のロッテ戦でプロ初完封を果たした共同

 プロ野球選手に移籍は付きものだが、フリーエージェント(FA)に関わる「人的補償」での移籍となれば別物だ。オリックスから阪神へFA移籍した西勇輝投手の人的補償で、阪神からオリックスへ移った竹安大知投手 …続き (9/14)

今季初登板で五回降板した藤浪に、スタンドからは大きな拍手がわき起こった(1日)=共同共同

 阪神の低迷が続いている。巻き返しのカギを握るのは、8月1日にやっと1軍復帰した藤浪晋太郎投手と見られた。だが、期待を裏切ったままでいる。果たして“元エース”はよみがえるだろうか。
 藤浪は大阪桐蔭高の …続き (8/18)

7月16日のチケットは日々、1円単位で価格が変動した

 オリックスが7月16日に本拠地の京セラドーム大阪で行われた楽天戦で、チケットの価格変動制を試行した。人工知能(AI)が天候やチームの勝敗、過去の同時期の販売データを基に「適正価格」を算出。この仕組み …続き (8/4)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。