/

この記事は会員限定です

トランプ円安半年 本格再開を阻む厚いカベ

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]

昨年11月にトランプ円安が始まってから間もなく半年になる。当初は短期間で一気に17円もの円安・ドル高が進み、12月中旬には1ドル=118円台後半に下落した。しかし、今年に入ってからは円高方向への逆回転が目立ち、4月中旬に108円台前半まで買い戻された。先週になって円が下落に転じたが、トランプ円安が本格的に復活し、再び120円に近づくのは簡単ではなさそうだ。むしろ100円に向けた円高の可能性を指摘す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2229文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン