/

この記事は会員限定です

変わり者たれ 知の冒険家・南方熊楠に学ぶ

編集委員 永田好生

[有料会員限定]

2017年に生誕150年を迎えた南方熊楠(みなかた・くまぐす)の業績を再評価する声が高まっている。博物学や植物学、民俗学など多くの分野で足跡を残し、いち早く国際的に活動した行動力は、今でも参考になる。日本の学術水準はこのところ低迷傾向にあり、南方熊楠に学ぶ点はいろいろとありそうだ。

エコロジストの先駆者 森林伐採に反対

和歌山県白浜町でこの3月、南方熊楠記念館の新館が完成した。52年前に建てられた旧館は耐震性に劣りバリアフリーにも対応...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2126文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン