/

この記事は会員限定です

トンネル補修計画を自動立案 東京メトロがiPad活用

[有料会員限定]
日経情報ストラテジー

全路線195キロメートルのうち8割以上をトンネルで占める東京地下鉄(東京メトロ)の地下鉄網。トンネル検査業務にタブレット端末の「iPad」やクラウドサービスを導入することによって、前回調査時の写真などを参照し、業務のスピードアップを図った。最長で3カ月かかっていた詳細報告を1日に短縮させ、トンネル補修計画案の作成も自動化した。

路線の85%をトンネルが占める

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催を見据え、「世界トッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3978文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン