環境発電とLPWAで果樹の防霜対策

2017/4/27 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ふくしま未来農業協同組合(JAふくしま未来)は2017年4月25日、果樹の防霜対策を目的に、NTT東日本の圃場センシング技術「eセンシング For アグリ」を導入し、2017年4月に運用を開始したと発表した。エネルギーハーベスティング(環境発電)に基づくLPWA(Low Power Wide Area)を利用したセンシングで、農場における生産管理を行う業界初の取り組みという。エネルギーハーベステ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]