米州Frontline 時すでにお寿司、米でおきて破りメニュー続々
シリコンバレー支局・兼松雄一郎

2017/5/5 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国の小さな地方都市でもいまや必ず1軒は寿司(すし)屋がある。寿司は北米大陸でも文化の一部として現地に溶け込んでいる。寿司は海外で日本のソフトパワーを高めている最強の商品となった。ただ、現地化が進むとともに、日本の寿司とは似ても似つかぬおきて破りのメニューも続々誕生している。

■「日本」から想起、寿司がトップ 米調査

米国での寿司・和食ブームはとどまるところを知らない。米調査機関ピュー・リサーチセ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]