2019年4月25日(木)

競馬実況アナ日記

フォローする

あちこちに名残… かつて目黒に競馬場があった

(2/2ページ)
2017/4/29 6:30
保存
共有
印刷
その他

目黒に競馬場があった当時、周辺には厩舎が点在していて、尾形青年は祐天寺の裏で暮らしていた。祐天寺駅は、東急東横線で渋谷から3駅目。恵比寿までは駒沢通りを進み、バスで停留所5つ分。案外近いのではないかと思われるが、当時はそんなに簡単な道のりではなかったようだ。

恵比寿駅西口に残る道しるべ

恵比寿駅西口に残る道しるべ

「林が繁る山」とは代官山のこと。今日、瀟洒(しょうしゃ)な街として知られる代官山は23年(大正12年)の関東大震災以降に開発されたため、この頃はうっそうとした林が広がっていた。おそらく街灯もほとんど無く、心細くなることもあったに違いない。23歳の尾形青年は必死の思いで漆黒の田舎道を踏みしめていたのだろう。

尾形藤吉の馬頭観音 いまも

実は尾形青年が願掛けをした馬頭観音が今も残っている。

恵比寿駅西口を出て、商店街を150メートルほど直進すると五差路があり、その一角に江戸時代に建てられた道しるべがある。脇の説明書きによれば、この道しるべは1779年(安永8年)、江戸市中から祐天寺方面に抜ける道と、当時の一大観光名所であった目黒不動尊への道の分岐に建てられたという。

その分岐を「ゆうてんじ道」方面に進むと、高級住宅地に入る。その片隅に小さな小さなほこらがある。気をつけていなければ通り過ぎてしまうほど、ひっそりとたたずんでいる。これが、尾形藤吉さんが願掛けをした馬頭観音だ。

高級住宅地の中にひっそりとたたずむ馬頭観音

高級住宅地の中にひっそりとたたずむ馬頭観音

渋谷区教育委員会の説明書きによれば、この小さな石仏は1719年(享保4年)に安置されたというから、約300年の歴史がある。この一帯の現在の町名は恵比寿南だが、かつては原町と呼ばれた地域で、辺りには野原が広がっていたのだろう。約100年前、原っぱの真ん中にたたずむ小さなほこらに、小柄な青年がぬかずいていたのだ。

願掛けの甲斐あって、尾形騎手は1915年(大正4年)11月27日に目黒競馬場で行われた日本一を決定する連合二哩(マイル)競走(日本ダービーの前身)でトクホに騎乗し、3分43秒6の勝ち時計で、2着に4馬身差をつけて優勝。名ジョッキーの地位を築き上げた。調教師に転じてからは中央競馬歴代最多の1669勝の記録を残し、64年(昭和39年)に黄綬褒章、66年(昭和41年)には勲五等双光旭日章を受章。日本競馬界初の叙勲の名誉を受けた。

今回の小さな旅を通して、歴史を、競馬を、尾形さんを身近に感じられた。かつて、馬は農耕馬、荷役馬として、また軍馬として身近な存在であり、馬の守護仏としてあがめられている馬頭観音も身近に数多く祭られていた。きっとこれを読んでいるあなたの傍にもひっそりと馬頭観音が安置されているはず。探しに出かけてみてはいかがだろうか。

(ラジオNIKKEIアナウンサー 舩山陽司)

 各アナウンサーが出演、ラジオNIKKEIの競馬番組はこちらでチェック!
http://www.radionikkei.jp/keibaradio2/

競馬実況アナ日記をMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

競馬実況アナ日記 一覧

フォローする
本馬場に向かうアーモンドアイ。多くの観衆がカメラを向けていた

 3月30日、アラブ首長国連邦(UAE)ドバイのメイダン競馬場でドバイ国際競走が行われました。日本調教馬は9頭が出走し(ドバイ・ワールドカップのケイティブレイブは出走取り消し)それぞれに健闘しました。 …続き (4/13)

大井競馬場は4月からナイターシーズンになる=特別区競馬組合提供特別区競馬組合提供

 競馬場でファンファーレが鳴る。全ての競馬ファンが心を一つにする瞬間である。そうした競馬を盛り上げる「スパイス」として欠かせないファンファーレが、今回の主役だ。
 取材したのは、「大井競馬場の顔」として …続き (3/30)

ナリタブライアンとマヤノトップガンが競り合った96年阪神大賞典

 3月24日の高松宮記念で始まる競馬の春のG1競走に向け、毎週のようにステップ競走が行われるこの時期は1年を通じて最もぜいたくな季節かもしれない、と思うことが多々あります。17日の阪神大賞典、スプリン …続き (3/16)

ハイライト・スポーツ

[PR]