2017年11月18日(土)

熊本地震「活断層」の教訓、地盤ずれに対応した安全策を

(1/2ページ)
2017/5/17 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 2016年4月に発生した熊本地震では、断層による地盤のずれが直接の原因となる建物被害が生じた。発災から約1年がたち、今後の施設や街づくりの方針を検討するなかで、活断層の危険をいかに克服していくかが課題となっている。

 耐震改修をして5年もたたない校舎も、活断層には太刀打ちできなかった。断層のずれが建物を横切った東海大学阿蘇キャンパス(熊本県南阿蘇村)では、一部の建物の再建が不可能になるほどの被害が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報