マイクロソフト、東京五輪見越しAIで同時通訳
個人は無料で利用可、データ集め精度向上

2017/4/27 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米マイクロソフト(MS)がインターネットを介した日本語翻訳サービスに参入した。4月7日、音声をほぼリアルタイムで自動翻訳するサービス「トランスレーター」を日本語対応にした。人工知能(AI)で学習するほど翻訳精度が向上する。1対1での翻訳だけでなく、グループディスカッションでも利用できる。訪日観光客の拡大などを受けて需要が拡大する翻訳サービス市場の競争が一段と激化しそうだ。

■待望の日本語対応

MS…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]