/

この記事は会員限定です

安倍流2000日「不動のオーダー」の強みとリスク

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

首相の安倍晋三の通算在職期間が2000日に迫り、5月末に憲政史上で第5位に浮上する。再登板後の4年半で際立つのは、重要閣僚と首相官邸スタッフを固定した「不動のオーダー」だ。忠誠度の高い顔ぶれが連携と経験を重ね、強固な権力中枢を形作る。半面、代えたくても代えられず、走り続けるしかない事情や「勤続疲労」ものぞく。ポスト安倍期の自民党政権の持続可能性まで見通せば、リスクも潜む。

「権力のトライアングル」結束再び...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3090文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン