2019年9月22日(日)

インサイド/アウトサイド

フォローする

新人・佐々木、苦境のロッテ支える実戦派

(1/2ページ)
2017/4/25 6:30
保存
共有
印刷
その他

スタートダッシュに失敗し、5位に沈んでいるロッテ。攻守とも明るい話題に乏しいのが現状だが、そのなかで唯一といっていい光明がドラフト1位の右腕、佐々木千隼(桜美林大)である。150キロ超の目を見張るような球威こそまだ見られないが、どんな球種でもストライクがとれ、かつ走者を出しても本塁に返させない粘り強さで、実戦派ぶりを発揮している。

昨年のドラフト会議でナンバーワン投手といわれた田中正義(創価大→ソフトバンク)の外れ1位ながら、DeNA、巨人、広島、日本ハムと過去最多の5球団が競合したのはその実力の証しだ。スリークオーター気味の低い腕の位置から、最速153キロという直球に切れのいいシンカー、スライダー、フォークボールを投げ込み、「完成度は田中より上」との触れ込みでロッテに入団した。

「内容悪くても勝てるように」

佐々木(右)は6日の日本ハム戦でプロ初勝利を挙げ、伊東監督と握手する=共同

佐々木(右)は6日の日本ハム戦でプロ初勝利を挙げ、伊東監督と握手する=共同

だが、ここまでは決して順調とはいえなかった。沖縄・石垣島キャンプでは、エース涌井秀章ら先輩たちはもちろん、同期入団の酒居知史(大阪ガス)や有吉優樹(九州三菱自動車)らにも見劣りする内容で、「へたくそなんで。もっと練習しないと」が口癖のようになった。練習試合やオープン戦でも、思うような結果が出せず、開幕ローテーション入りが公表されたのはオープン戦最終戦のあった3月26日だった。英二・投手コーチは「計算はしていない。期待だけ。将来(はチーム)を背負う投手だから」と話した。だが、その際に佐々木自身が漏らした「内容が悪くても勝てるように」との言葉は、まさにその後の自分を言い当てていたことになる。

プロ初登板は4月6日の日本ハム戦だった。大谷翔平や中田翔、本塁打王レアードが並ぶ昨季の日本一チームを相手に5回1失点で初勝利。これだけ見ると立派だと思われるが、その内容は「?」がつくものだった。直球は140キロ強。それ以上に、ZOZOマリンスタジアム名物の強風の影響もあり、制球に苦しんだ。二回は先頭から連続四球。ここは踏ん張ったもののその裏、先制点の援護をもらいながら、直後の三回にまたも四球を出して暴投で二進。そして1番西川に同点打を浴びた。結局、五回まで97球を費やし、毎回の6四球を与えた。

ただ、こんな中身でも白星をつかんだあたりがただ者ではないところなのだろう。常時10メートルを超える風で逆に「カーブもシンカーもよく落ちる」と気づき、変化球を多投。苦しくなったら真っすぐといった投球では経験豊富な日本ハム打線の餌食になったろうが、この試合は変化球で勝負と腹をくくった。天候も頭に入れたリードや盗塁を刺した好送球など、女房役の田村龍弘の支えもあり、これ以外の失点は防いだ。2番大谷は3打席で無安打1四球。五回は1死二塁のピンチでフルカウントからシンカーで空振り三振にとった。この後、4番中田は真っすぐ、カーブで追い込み、最後はスライダーを振らせて3球三振。右手でグラブをたたき、気迫の表情でマウンドを降りた。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

電子版トップスポーツトップ

インサイド/アウトサイド 一覧

フォローする
4日の広島戦で左越えに通算200号となるサヨナラ満塁本塁打を放つ山田哲=共同共同

 同一シーズンで打率3割、30本塁打、30盗塁の「トリプルスリー」を3度達成しているヤクルトの山田哲人が新たな金字塔に挑んでいる。プロ野球史上、誰も到達したことがない40本塁打、40盗塁の「フォーティ …続き (9/10)

15日の西武戦はロメロの2本塁打など20安打20点と大勝した=共同共同

 オリックスがスタイルの変貌を遂げつつある。開幕した頃は先発の駒がそろった投手陣が打力不足をカバーする「投のチーム」だったのが、シーズンが深まり夏場に入ると力関係が逆転、今や「打のチーム」の印象が強く …続き (8/27)

身長193センチ、体重105キロの大型左腕・弓削は開幕前から「和製ランディ」と称された=共同共同

 何とか勝率5割を割ることなく、パ・リーグの上位争いに食らいついている楽天。昨季最下位からの上積みは効果的な戦力アップによるものだ。フリーエージェント(FA)移籍の浅村栄斗はもちろん、新外国人のジャバ …続き (8/13)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。