2018年10月21日(日)

10/21 23:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 始動する臨海部経済圏 「NEO TOKYO」こんな街に[有料会員限定]
  2. 2位: 世界最大の資産運用会社が企業に求める「理念」[有料会員限定]
  3. 3位: 一段の新興国通貨安、市場が警戒 利上げ判断が焦点[有料会員限定]
  4. 4位: 中国に振り回される日本株 決算にらみリスク見極め[有料会員限定]
  5. 5位: 下げ相場では早逃げ、青木貞吉氏

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,532.08 -126.08
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,530 -60

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

10月19日(金)14:18

中国の7〜9月期GDP6.5%成長 2期連続で減速[映像あり]

9月の工業生産高↑5.8% 小売売上高↑9.2%

10月19日(金)13:05

[PR]

円ドルダービー

フォローする

第17回 円・ドルダービー 全国学生対抗戦 ~5月31日まで参加チームを募集~

2017/4/29 2:30
保存
共有
印刷
その他

日本経済新聞社は、学生がチームで円相場の予想を競う「第17回全国学生対抗円ダービー」を開催します。

6、7月末の東京外国為替市場の円・ドル相場を予想し、2回の予想を通じて相場との差が最も小さかったチームを優勝とします。これとは別に、予想方法に独自の工夫がみられたチームを「ユニーク賞」として表彰します。次の要領でお申し込みください。

■参加資格 中学校以上に在学中で、同じ学校に所属する3人以上がチームを組み、指導教員がついてください。1人の教員が複数チームを担当してもかまいません。3人に満たない場合や、教員がいない場合は、失格になります。

■応募方法 学校名、指導教員名を明記して、日本経済新聞電子版(▼電子版→マーケット→為替・金融→円・ドルダービー)の学生円ダービー応募ページから応募してください。予想方法や予想の根拠は、別途、電子メールで送ってください。

→→応募ページはこちらです→→

https://esf.nikkei.co.jp/yderby2017gakusei/

予想の根拠は、順位と関係なくユニーク賞の選考対象になります。是非、下記のアドレスに添付して送ってください。

◇電子メール yendb@nex.nikkei.co.jp

1回戦の応募締め切りは5月末、2回戦の応募締め切りは6月末です。2回戦への参加は1回戦に応募したチームに限り、1回戦で発行される応募番号が必要になります。

電子版では、為替相場の仕組みを解説した記事も載せています。参考にしてください。

■発表方法 1回戦=6月末相場の予想結果、2回戦=6月末と7月末を合わせた予想結果を、それぞれ紙面と電子版に掲載します。いずれも、上位に入ったチームの学校名と、学生・生徒代表者の氏名を発表します。応募者には、日本経済新聞の記者が電話やメールで取材することがあります。

■過去のユニーク予想

過去の受賞者は、プロ並みの理論を用いたり、意外なデータを拾ってきたりして、様々な方法で為替相場を予想してきました。

たとえば第15回のユニーク賞受賞者は、経済指標について、事前の市場予測と実際の発表値の誤差に注目。誤差が市場参加者の驚きを通じて為替相場に与える影響を調べ、予想に用いました。

同じく第15回の受賞者は、ある国と別の国の物価の差で為替相場を説明する「購買力平価」説をもとに、複数の実際にある商品を使って予想しました。購買力平価説では「ビッグマック」の価格が使われることが多いのですが、受賞者は掃除機などの価格で購買力平価を計算しました。

第16回は残念ながらユニーク賞の該当はありませんでした。今回は優勝を狙うとともに、独創的な予想手法の試みにも期待しています。

円ドルダービーをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

2016年の学生対抗戦

2015年の学生対抗戦

2014年の学生対抗戦

為替関連のデータ&チャート

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム