/

この記事は会員限定です

耐性菌猛威、世界に警鐘 2050年にがん死者上回る

日経アジア感染症会議で解決策探る

[有料会員限定]

結核やマラリア、エボラ出血熱などに加え、多くの抗生物質が効かなくなった耐性菌のまん延が国際社会の脅威となっている。日本の取り組みに期待が集まるなか、アジアの感染症対策を話し合う第4回日経アジア感染症会議(主催・日本経済新聞社)が3月3~4日に那覇市で開かれた。国内外から産官学の関係者が参加し、具体策を議論した。

多剤耐性菌による経済損失、100兆ドルに

世界保健機関(WHO)は2月、国際社会が優先して研究開発に取り組むべき薬剤耐性菌のリス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2045文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン