/

この記事は会員限定です

ローソンが「稼ぐ農業」 余さず使い環境と収益向上

[有料会員限定]

ローソンが農業事業で、環境配慮と収益性の両立に取り組んでいる。土や農法にこだわりつつ、農産物の10%程度を占める規格外品を、自前の工場でサラダや総菜の原料に加工。加工時に出る端材もペットフードに使うなど農産物を余すところなく活用する。安全・安心のブランドイメージを醸成しながら、稼ぐ農業への体制整備を急ぐ。

農業生産法人に出資、全国23カ所に「ローソンファーム」

成田空港から車で15分ほどの距離にある千葉県香取市。約18ヘクタールに及ぶ露地の農場と50棟程度のハ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1697文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン