VentureBeat

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

マイクロソフトの格安ノート 5月に発表観測

2017/4/20 6:30
共有
保存
印刷
その他

VentureBeat

 米マイクロソフトは数週間後にニューヨークで開催する教育関連のイベントで、低価格ノートパソコン(PC)「クラウドブック」を発表する可能性がある。タブレット「サーフェス」よりも頑丈だが、「サーフェスブック」ほど高級ではない位置づけの製品だ。

マイクロソフト製のパソコン「サーフェス」シリーズの例
画像の拡大

マイクロソフト製のパソコン「サーフェス」シリーズの例

■搭載OSは「Windows 10 Cloud」

 この新製品には、古き良き「ウィンドウズ10」ではなく「ウィンドウズ10クラウド(Windows 10 Cloud)」という基本ソフト(OS)が搭載されるもよう。「10クラウド」では設定を変更しない限り、ウィンドウズストアにあるアプリしか実行できないとされる。

 その狙いは端末の安全性を高めることにある。だが、クラウドブックのような「ウィンドウズ10クラウド」マシンでは、ゲームプラットフォーム「スチーム」などウィンドウズストアにないアプリは使えないという意味になる。

 このコンセプトには聞き覚えがあるかもしれない。タブレット用OS「ウィンドウズRT」を搭載した初代サーフェスを思い出すのではないだろうか。マイクロソフトは結局、このOSのせいで9億ドルの評価損を計上した。従来のウィンドウズのアプリとの互換性がなかったことが響いた。

 初代サーフェスの基本モデルの価格は約500ドルで、キーボード兼カバー付きのモデルは約600ドルだった。マイクロソフトは最終的に、初代サーフェスの各バージョンを150ドル値引きし、評価損を計上した。製品が価格に見合っていなかったので、売り上げが予想を下回ったといえる。

 あれから数年。サーフェスブランドは大きな進歩を遂げた。「サーフェスプロ4」は初代モデルから大幅に改良され、「サーフェスブック」は現行では最も素晴らしい消費者向けPCの一つに挙げられる。

 その間に、米グーグルと米アップルも攻勢に打って出た。グーグルは低価格ノートPC「クロームブック」でアンドロイド用アプリを使えるようにし、(ノートPCだけでなく)タブレットにもなったり、ディスプレーと本体を取り外せたりする優秀なクロームブックも発売された。アップルはMSの「サーフェスプロ」に対抗し、頑丈なキーボード兼カバーがオプションで付いた高級大型タブレット「iPadプロ」を投入。「iOS」では2つのアプリが同時に使えるようになった。さらに最近では、十分な性能を備えつつも価格を329ドルに抑えた「iPad」も発売した。マイクロソフトが「開発メーカーなのに低価格」戦略に回帰しようとしているのは、こうした競争の真っただ中だからだ。

 今や(携帯電話は別として)マイクロソフトのPCの性能には定評があるが、発売が見込まれるクラウドブックについては不明な点が多い。

●性能はどれほど良いのか。バッテリーの駆動時間はどのくらいか。発売から2年近くたつ「サーフェスプロ4」と同程度の性能なのか。クラウド頼みのクロームブックとの違いが分かるほど十分なストレージはあるのか。ディスプレーにイラつかないか。

●ウィンドウズストアにないアプリを利用できる手段はあるのか。マルウエアなどの脅威をあまり気にせずに済むウィンドウズマシンという点を気に入る人もいるだろうが、ウィンドウズストアにはないプログラムを使う必要がある場合、何らかの代替策はあるのか。

●価格はどれくらいか。クロームブックは500ドルで手に入り、ブルートゥース接続のキーボードが付いた新型iPadの価格は400ドル以下だ。クラウドブックの最低価格が500ドル以上で安物の部材ばかりが使われているとすれば、初代サーフェスが惨敗した市場で勝ち目はあるのか。

 幸い、ウィンドウズは全体的にかなり充実した状態にあるようだ。マイクロソフトのインサイダープログラムでは、毎週何らかの新機能がテストされている。現時点では、iOSとクロームOSの開発ペースは落ちつつある。ウィンドウズ10クラウドが10のリズムに乗り、さらに魅力的な端末の発売をきっかけに広く普及すれば、12~15年で生産を終えたRTよりも長続きするかもしれない。そうなれば、この戦略の正しさが証明されるだろう。

By Jordan Novet

(最新テクノロジーを扱う米国のオンラインメディア「ベンチャービート」から転載)


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

VentureBeatをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!


【PR】

VentureBeat 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「マッデン」(アメリカンフットボールのテレビゲーム)は今やeスポーツだ。
(C)Electronic Arts

Electronic Arts

広告からコーチまで AIがスポーツビジネスを一変

 マラソンを走るためにトレーニングをしていても、マラソンのように長い番組を一気に見ようとしていても、アスリートも気軽なスポーツファンもスポーツ映像の進化の恩恵を受けられる。スポーツ映像は幅広い視聴者を…続き (9/22)

(c)William Potter/Shutterstock

Shutterstock

新iPhoneの意外な波紋 航空貨物運賃を押し上げ

 毎年9月になると、航空貨物の運賃は大幅に上昇する。9月に一体何が起こるのか。米アップルによる新型スマートフォン(スマホ)「iPhone」の投入だ。
 アップルは12日、iPhone発売10周年を記念し…続き (9/21)

インサイドミュージックの画面。「VOCALS」などと書かれた球をクリックすると、そのパートの音をオンオフできる

仮想空間で楽曲を自在にミキシング 米グーグル

 「インサイドミュージック」は米グーグルのクリエイティブラボが公開した最新のプロジェクトだ。これはウェブブラウザーで仮想現実(VR)空間を実現する「WebVR」技術を使ったVRの新しい発想のイコライザ…続き (9/15)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月25日(月)

  • IoTの決め手は職業研修と教育にあり ドイツがIoT導入を政府によるトップダウンで行う理由(第2回)
  • Lastpassから1Passwordへ乗り換える方法
  • 自動運転時代到来で、自動車市場は急拡大する 名古屋大学COI未来社会創造機構客員准教授の野辺継男氏に聞く

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月26日付

2017年9月26日付

・ファーストブランド、専門家の営業支援サイトで英語版、訪日客狙う
・アルプス電気、車載レーザー部品に参入 小型レンズの技応用
・自動運転 向かい合うシート 180度回転 米アディエント提案
・芦森工業、シートベルト部品生産を大阪に移管 年産能力2倍
・介護大手のMCS、「日本式」サービスで中国市場開拓…続き

[PR]

関連媒体サイト