/

この記事は会員限定です

サイゼリヤ、ディナーが招く2度目の業績修正

証券部 南雲ジェーダ

[有料会員限定]

サイゼリヤが2017年8月期の連結業績見通しを上方修正した。純利益は従来予想から18億円積み増し前期比36%増の75億円と、過去最高益(10年8月期の78億円)を視野に捉えた。今回の引き上げは豪ドル安・円高に伴う輸入食材価格の下落と、中国の税負担軽減が主な要因だ。本業のイタリアンレストランは来店者数と客単価がそろって改善しているにもかかわらず、今回の計画には十分織り込まれていない。市場では一段の業績上振れ期...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り880文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン