/

この記事は会員限定です

アパレル再生、在庫改革に活路 河合拓氏

カート・サーモン マネジング・ディレクター

[有料会員限定]

服が売れない、とアパレル業界で危機感が募っている。各社から「海外のデザイナーと組もう」「メードインジャパンをブランド化しよう」といった解決策が聞こえるが、本質的な解決につながっているとは言い難い。アパレルや流通のコンサルタントとして提言したいのは、従来の在庫適正化とは異なる抜本的な「在庫の極小化」だ。

在庫極小化とはつまり、注文を受けてからの生産だ。一般的にアパレル商品の生産には最低2~3カ月かか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り995文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン