/

この記事は会員限定です

倫理か医療費抑制か 揺れる「終末期」の政策

支え合いの境界(1)

[有料会員限定]

終末期医療を見直すと医療費は節約できるのか――。この問いは死とコストを結びつける究極の難題だ。終末期医療を巡る政策は「人の命に値段をつけるのか」といった批判と「本人が望む人生最期の実現」という倫理の間で、今なお揺れ動いている。

実は「終末期医療」には明確な定義がない。一般的には疾患から回復の可能性が明確なすべがなく、そのままでは数週間から数カ月で死に至る患者に延命目的の治療を施すような例を指す。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2158文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン